オカメインコのメガバクテリア闘病記|ほっぺとほっぺたが教えてくれたこと

ちいさなちいさなオカメインコのほっぺと、元気いっぱいのほっぺたの2羽の短くて長いメガバクテリア闘病記

カンジダ

はじめまして、管理人です。
オカメインコという鳥の可愛らしさと繊細さをこのブログを通じてお伝えしていきます。
ウチの2羽はたまたま メガバクテリア・カンジダ・ビタミンA欠乏症 と元々色々持ってしまう運命でしたが、インコが病気になったとき、どうしてあげられるかは飼い主次第。
このブログを見て助かるオカメ&飼い主さんが沢山増えますように!

公開予定の記事(随時更新・メガバクテリア闘病記など)

動画をアップした記事に   のマークをつけています。
もう一つのブログ「ほほららデイズ」へのリンクは 
 のマークをつけています。


 ほっぺ(メガバクテリア)


 ほっぺた(メガバクテリア・カンジダ・ビタミンA欠乏症)
→体重推移ダイジェスト版

image

 さまざまな判断について… 結局どうすべきなのか?


 メガバクテリアについて

  1. メガバクテリアとはどんな病気なのか?
  2. メガバクテリア発病の前兆と思われる症状
  3. メガバクテリアの検査内容と主な治療方法
  4. 発症の原因を取り除く その1
  5. 発症の原因を取り除く その2
  6. 発症の原因を取り除く その3
  7. 他の子に感染させないために
  8. 発病後、克服した子のその後の人生について
  9. メガバクテリア体験談を募集します(予定)

 その他病気について

  1. ビタミンA欠乏症
  2. カンジダ
  3. くしゃみ
  4. 鼻づまり
  5. 適正体重
  6. インコのウ○コ
  7. インコに毒なものあれこれ

 番外編


※写真が整理でき次第、各記事に追加していく予定です

チョコン!

カンジダ症について

カンジダは、早い話がカビ(真菌)です。
基本的に消化管にいる真菌ですが、人間と一緒で、体の抵抗力が弱まると増殖します。
鳥さんの場合は、人の食べ物を与えたり、挿し餌の温度が高すぎたり、ビタミンA欠乏などによる免疫力の低下などが発症の原因となるようです。
検査はそのう検査がメインです。



うちのほっぺたはビタミン不足が引き金になったみたいです。
挿し餌の温度については、少なくとも我が家では気をつけていましたから問題ないと思います。
人の食べ物も一切与えていません。
やはり、ショップ時代の給餌を疑ってしまいます。



ひどくなると胃で悪さをします。
粘膜に感染し、炎症が怒ると口内炎ができたり、嘔吐したりします。



ほっぺたに現れた症状は嘔吐でしたが、これがメガバクテリアによるものかカンジダによるものかはわかりませんでした。



治療は抗真菌剤・胃薬・吐き気止め・抗生物質などを投与します。



予防策としてはバランスの良い食事をする・人の食べ物を与えない・挿し餌の温度に気をつける・ケージ内を清潔に保つなどの衛生管理等です。

写真の在庫切れ近し…( ̄∇ ̄;)

ほっぺた 治療内容・医療費について

まず、保温室での入院費が基本的にかかります。
今回は2日間の入院でした。
入院翌日からは酸素吸入がはじまったので、その費用もかかりました。

治療は、抗生剤・ビタミン剤・吐き気止めの点滴・注射です。
あとは抗真菌剤の内服・強制給餌です。
明細はコチラ。
23,000円でした。
 
管理人
ほほららデイス Instagram
スポンサーリンク
記事検索
タグで絞り込む