ストレスによる抵抗力の低下をできるだけ取り除いてあげるためには

  1. 1週間くらいはジロジロみない
  2. 人間の目線くらいの高さにケージを置く
  3. 1週間くらいは放鳥しない

などが挙げられます。

ケージの置き場所

昔飼っていた鳥さん達を玄関で飼っていたため、部屋で一緒に過ごしてみたい!という思いが強く、 ほっぺズのケージは私の座椅子の横に置いていました。

飼い主側としては鳥さんの様子がよく見れて安心ですが、鳥さんたちにはすごくストレスだったかもしれません。
あまり人が出入りしない、静かなところに置いてあげる方が良いです。
(かといって、玄関も落ち着かないし気温が安定しないので控えてくださいね^^;)


また、床にケージを直置きしていましたが、人間が歩き回るところの近くに直置きしていると大きな足がウロウロします。
できれば直置きではなくて、何か台の上にケージを置いて人間の足があまり目に入らないようにした方が良いようです。

放鳥について

うちは「放鳥」という名目でケージから出してはいませんでしたが、挿し餌の際にケージから出さないといけない状態でした。
鳥さん達が部屋を見慣れてから出さないとビックリして飛び回ってしまいますので、挿し餌が終わっている子は1週間くらいは放鳥を控えましょう。

イイ顔してるけど、ストレスあったんだね